顧客資産を分別管理

ホーム

公認会計士の資格の取得期間の目安

公認会計士の資格を取得するには、大きく見てみると
4つの段階を経なければなりません。

まず、短答式試験という4科目で行われる
マークシート方式の試験をパスする必要があります。
この短答式試験の合格後、論文式試験を受けます。

短答式試験合格後、論文式試験までには数ヶ月の期間が
あるため、ある程度じっくりと論文式試験の対策を立てる
ことが出来るでしょう。

しかし、論文式試験までを合格すればそれで終わり
ではなくその後実務経験を2年間積む必要があります。

そして、補修所にも通わなくてはありません。
補修所では1年間の教育期間を経て修了試験に臨みます。
そこまで終えてはじめて公認会計士の資格を認められ、
登録が許可されるのです。

それまでは、会計事務所などに働いていても公認会計士補
という立場となります。しかし、その間も会社員としての
給料は出ますので、取得までに期間は要しますが無収入で
臨まなければいけないという事はありません。

公認会計士の資格を最短で取得したい場合、
一番つまずいてはならないのは短答式試験といえます。

短答式試験に受かれば最大2年まで試験を受ける必要が
なく免除されるのですが、短答式試験も毎月実施されて
いるわけではありません。

年2回限りのチャンスしかないため、なんとか一発合格を
狙いたいところです。しかし、その間に実務経験を積む
ことは可能です。

公認会計士になろうと思ったら、やはり早くから
実務経験の積めるところで修行し、2年間の実務経験を
早めに終わらせておくのも良いでしょう。

Return to page top