顧客資産を分別管理

ホーム

簿記3級の資格についての概要と種類

簿記3級の資格についての概要・種類について
いくつかご紹介します。他にも1級・2級・4級等が
ありますが、履歴書に書けるのは3級からとなります。

簿記3級の資格試験の合格者は比較的高いとされていて
真面目に勉強をすればそれほど難しくはありません。
自分が向いているかどうかというのもありますが、
まずはチャレンジしてみてはどうでしょうか。

簿記3級の資格試験には3種類あることも知っておくと
よいでしょう。まず一つ目が日本商工会議所が認定して
いる日商簿記です。

一般的に簿記3級の資格というとこの日商簿記のことを
さすことが多く、1級~4級まであります。

次に全国商業高等学校協会が認定している全商簿記です。
3級の他にも1級と2級があり、商業高校入学中に取得する
場合は、これである事が多いです。

難易度も他のものに比べてそれほど高くありません。
高校生の時に取れるようであれば取得しておきましょう。

他、全国経理学校協会が認定している全経簿記もあります。
こちらは上級・1級会計・1級工業簿記・2級・3級・4級が
実施されています。

一番難しいとされているのが日商簿記で、これの1級とも
なると他の検定とはケタ違いの難易度になると言われています。

どの検定を受けるかによってレベルや問題の種類も違って
くるので、まずは自分がどの検定を受けるのか明確にしましょう。

独学で勉強する場合は、参考書等もどの簿記3級の資格を
取得するのかによって異なりますので、間違わないよう注意
して選ぶ必要があります。

Return to page top