顧客資産を分別管理

ホーム

公認会計士の資格取得にかかる費用

人気職種であり社会的信用が高い公認会計士の資格を
取得するには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

他の職種であってもそうですが、手に職をつけるには
それなりにお金が必要となります。

公認会計士の場合は難易度が大変高く、
合格率も低いので独学での合格は狭き門と言えます。
予備校や専門学校などに通い、自分でもかなりの
時間を割いて勉強することが大切です。

まず、公認会計士の資格を取る為の専門学校や
予備校に必要な費用は、1年で30万から50万円ほど
掛かるのが大体の相場の様です。

また、必要となる費用は学費だけではありません。

交通費はもちろん、勉強のための本を買ったり、
勉強のために休職している方などはその間の生活費なども
必要となってきます。

その為、社会人になってから公認会計士の資格試験を
受験する際には、専門学校などの授業料等だけを考えずに
様々な面から費用を用意しておく必要があります。

中には学生の間に勉強をして受験する方もいますが
学校に通いながらの受験はかなりの努力とタフさが必要です。

そして、なにより考えておく必要があるのは、
スムーズに合格する保障はないということです。

かなりの努力をして試験に臨んでも、
合格までに何年も掛かっている人が多いと言われています。
学費や生活費などを計算するとしたら、何年分も見ておく
覚悟も必要と言えます。

公認会計士の資格を取るには、このように費用面でも
決して楽とはいえませんが、元手がかかる分、とても
価値のある資格でもあると言えます。

Return to page top