顧客資産を分別管理

ホーム

公認会計士の資格を取得する人の傾向

公認会計士の資格を取得する人は、大学の商学部や
法学部、経済学部等の課程を修了した方が多いようです。

最初から公認会計士の資格を目指す為にこれらの学部を
選んでいる方も多いことがその理由のひとつとして挙げる
ことが出来るでしょう。

税理士になる目標があったけれど、公認会計士の資格を
取れば無試験で税理士としても登録出来るところから、
ステップアップした目標として掲げる方も多いのです。

公認会計士の資格を取得すると、実務では単純な
会計業務だけでなく、税務、財務、そして総合的な
監査業務を請け負うので幅広い素養が必要となります。

経理や会計と聞くと数学的な力が必要と感じて
しまいますが、基本的な数学さえ理解してさえいれば
それで良く、後は正確さやミス等を素早く見付けられる
判断力などを必要とします。

専門性の高い職種であることから高収入であると
考えられている事と、国家資格でもあるため将来に備え
公認会計士の資格取得を希望する人は多くなっています。

2006年に受験資格に制限がなくなったことから、
現在は法学部や商学部を卒業した方でなくても受験する
ことが出来、受験者の中には一般企業に勤める方の他に
主婦の方などもいます。

合格までの勉強時間は、最低でも3000時間と
いわれています。まったく専門外の分野で活躍していた方は
それ相応の努力が必要ですが、やりがいは充分にある仕事と
言えるのではないでしょうか。

Return to page top