顧客資産を分別管理

ホーム

簿記3級資格の取得方法はどのタイプを取得するかによって異なる

どのタイプの簿記3級の資格を取得するのかに
よって資格の取得方法は違ってきます。

★日商簿記3級の場合

近くの商工会議所まで問い合わせをしましょう。
申し込みをする日時や受付方法はどの商工会議所で
受付をしてもらうのかによって違うので、電話で
しっかり確認が必要です。

連絡をするのは試験日から2か月前です。
これを過ぎてしまうと申し込みが間に合わない可能性
があります。制限時間は2時間となります。

★全商簿記3級の場合
検定実施日は毎年に回で、1月の第4日曜と6月の
第4日曜です。制限時間は1時間30分です。

★全経簿記3級
得点は70点以上で合格とされ、受験資格に制限は
ありません。制限時間は1時間30分で、試験会場は
全国経理学校協会が指定した全国各地の専門学校で行います。

毎年同じ場所で開催されているわけではないので、
試験日の2か月前になったら試験会場に確認をした
ほうが安全です。

申し込みをする場合は、試験会場の窓口への申し込みか
インターネットを利用した申し込みが出来ます。

難しいと言われる検定ではありませんが、
それでも専門分野からの出題となるので、資格の勉強は
必ず必要となります。

料金も無料ではないので、何度も受けることがない
ように一発合格を目指しましょう。

試験を受ける際は、最初に自分はどの検定の何月開催の
ものに申し込みをするのか明確にして、それに合わせて
スケジュールを組んでおいたほうが良いでしょう。

Return to page top